7回目。悩み。

一ヶ月後。


(このころは自宅でマウスピースを交換するだけで1カ月に1回の診察だけでよくなっています。)


実は前回ガッチリマウスピースをつけてから次の日に、下の歯のトゲトゲが一個取れてしまいました。

 

ガッチリとまっているのでその分、外すときに取れてしまうことはあるのだとか。万が一取れてしまっても、すぐ付けてくださるので安心です。


この、初回にはついていなかったトゲトゲ・・・

当然、マウスピースにもついているのでそれが大きく目立つ様な気がして…わたしは一人で苦悩し始めました。

 

f:id:invisaligntaiken:20191010225951j:imageコレ

 

意を決してトゲトゲを省略することができないか、診察の際に瀬川先生に相談してみました。

 

先生曰く、インビザラインのマウスピースは計算し尽くした上で製作されていて、
トゲトゲがあることにより早く、正確にマウスピースの効力を発揮するのでトゲをなくすことはできるものの、正直おすすめはできないそうです。

 

トゲトゲを省くことで、期間が長くなってしまうのと、見た目をとるのか、どう選択するのか考えましたが


せっかくならば、、と、
このままトゲ有りで進めていこうと決心しました。

 

何より、友人が「気にならない」と、言ってくれたのが背中を押してくれたのでした。


なんだ、ただの思い込みか!

 

この考えさせられた時間は
きっとあとからそんなこともあったなと、思い起こすことがあるんだろうなぁ。


お話があれば聞いてくれるので皆さんも悩んだときは先生に相談してみましょう。

 

 

つづく

6回目 ゴールデンコンビでガッチリ

最終時間にすべりこみ。

 

仕事後に行ったので受付時間も過ぎていましたが、院長先生、瀬川先生が待っていて下さいました。

 

 

今日からが本番なんだそうです。
え、まだ始まってもいなかったんですね…

 


助手に谷口院長、施術に瀬川先生というゴールデンコンビに恐縮しながら診察台で手鏡を受け取り、今自分が何をされているのか見ながら施術を受けることができました。

 

ゴールデンコンビは超特急であっという間の出来事でしたので思い出しながらなんですが…

 

まずは歯の表面を磨き、
歯の数カ所に突起をつけました。この突起がしっかりマウスピースを固定するんだそうです。
舌でさわるとギザギザしました。
この時点でもうすごくてよくわからない。


そして歯並びからはみ出た歯を移動させるために
移動先となる場所の確保のため歯と歯の間を糸ノコギリみたいな器具で削り、隙間をあけました。

 

そして、今回二個目となるマウスピースを装着。
ガッチ、と音がして
突起ができた分、より固定されたかんじがします。

 

 

これで今日も無事終了です。

 

 

帰る前に
2週間後に付ける用の新しいマウスピースを受け取りました。

 

2週間たったら自分で交換するだけですって。

次回は一か月後の予約です。

 

がんばらないと!

 

つづく

 

f:id:invisaligntaiken:20191010230428j:image

今日の紙カップはらぺこあおむしでした

5回目。いよいよマウスピースをつける

今日ついに!人生初の!矯正器具を!つけたーー!!!


見た目は普通の透明なマウスピース。

 

重厚な化粧箱に入って出てきたから
ちょっとびびった。
(因みに、箱代など追加でお金取られたりしないのでご安心を)

 

f:id:invisaligntaiken:20191010231002j:image

 

マウスピース、
上と下それぞれパカッとつけたらおしまいです。

 

違和感は、あまりありません。
余裕じゃん!と思いながら
クリニックを出る。

 

 

車を走らせてしばらくすると。。。

自らの口の中で大変な抵抗が始まりました。

 


歯が、とにかく歯がゆいのです。

 

歯がかゆくてかゆくて、
自分の意思とは関係なく
ずーーーーっと食いしばりがはじまる。

 

これは、、、辛いかも〜

 

 

考えてみたらそりゃそーです
健康な歯を移動させようと圧迫をかけるんだから。

この日から試練は続くことになります。。。

 


でも!
この、インビザラインの凄いところは
取り外しが出来るという機能だ。

 

ということで、
あーもう辛い!となったら外すことができるのだ。


それは本来なら推奨されないし、自分を甘やかしてはダメだ、
でも、頭が痛くなったり、どうしても耐えられないとなった時に外す事があっても
これから先長く付き合うのだから
少しくらいはいいよね…と


解釈することにしました。。。

 

 


この耐え難い歯がゆさは、3日以上続いたのです。

 

歯茎に生えてる歯を動かそうってんだもの。
そりゃそーですよね。

 

矯正、甘くない。


そんなかんじで、付けたり外したりしながら約一か月が経ち、大分慣れてきました。

 

つづく

4回目 駐車場が満杯でも

やはり人気の歯医者さん


予約システムのおかげで診療を待たせられるということはないので すが、


この日はクリニック前の駐車場が満車だったのです。

 


困った、どうしよう、、、と、
そのままクリニックを通り過ぎて道を進むと、

 

アラ!


さいわいデンタルクリニックの専用駐車場があるではないですか。

 


なんて痒いところに手がとどく歯医者さんだこと。

 


満車の際の第2駐車場はコチラ

 

f:id:invisaligntaiken:20190523083115j:image

 

 

つづく

 

 

3回目。申し込む

その日は仕事の日で、

夜しか行く事ができなかったのですが、

さいわいデンタルクリニックまで2時間かけて来る私を先生方が待っていて下さいました。

 

 

以前、スタッフのかたから詳しく説明は受けていたので、

あとは


瀬川先生から直接説明や注意点をきいて、
これまで治らなかった人はいない、という言葉に勇気づけられ

 

意を決して正式にお申し込みをさせて頂きました!


現金、カード、分割払い大丈夫です。

 

 


さあ、

上手くいくのか、いかないのか!
どうなりますことやら!

 

 

 

 

つづく

2回目

まず、今の自分の歯のデータを作ることが2回目の診療でした。

 

 

レントゲンは通常の歯医者さんの通り。

変わっていることといえば、
横にメモリがついた背景の前に立ち、
正面、真横、と立ち写真を撮りました。

アメリカの囚人でこんなの映画でよくみる。。。

f:id:invisaligntaiken:20190420154002j:image

この撮影の真理をあとで聞きますと、
歯の矯正によって身体の歪みや、姿勢なんかも変わる事があるそうなんで、
その記録というわけです。

 

f:id:invisaligntaiken:20190420154119j:image

 

そのあとはまた診察室に戻り、歯の型取りです。
これはどこの歯医者さんでもやるのと方法は同じ。

 

 

ゆったりした診察台には、何気ない紙コップにも細かな気遣いが。

 

12月にはクリスマスのコップが。そして今回もかわいい柄のコップがセットされていました〜(^。^)

 

f:id:invisaligntaiken:20190420154534j:image

f:id:invisaligntaiken:20190420154259j:image

 

 

次回はいよいよ、インビザラインの権威
瀬川先生にお目にかかります!

 

f:id:invisaligntaiken:20190420154340j:image

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

初めての日

クリニックの中は歯医者というよりエステ?みたいな雰囲気で

子供が怖がるような感じが一切ない待合室です。

優しい色合いのパステル風味と言ったところでしょうか。

待合室の面積は狭めなんですが、かわりに診察室は広々としてゆったりしています。

さいわいさん、もっと儲かって、広い待合室に改装できたらいいですねー。(余計なお世話)

そんなお洒落な内装なんで、若い人ばっかりかと思いきや、ふつうに年配の、男性もいらしたりしてます。

お子様を抱っこしている若いお母さん。

お子様も泣くようなこともなく、キッズコーナーでスタッフさんに遊んでもらって楽しそうでした。

あれは

お母さんの治療に来ているのか、

お子様の治療に来ているのか、どっちかわかりませんでした。

歯を磨いて行かなくても院内で磨けるスペースがあり、歯が白くなる作用がある多分よいお値段のする歯磨き粉をお試しで使えます。

女優さんみたいな美しいスタッフの方が受付してくれ、問診に回答します。(ここのスタッフは美男美女しかいない)

f:id:invisaligntaiken:20190403203944j:plain

インビザラインという歯科矯正の説明を受けました。

特徴は

https://saiwai-kyousei.jp/invisalign

その日、偶然か必然か、歯列矯正中のスタッフさんが2人おり、体験談を聞くことができました。

1人は昔ながらのワイヤーで矯正しているかた、

もう1人は、インビザラインを実際につけて実施中のかた。

この日のために役者を揃えたのか?!ってくらいに説得力がありました。

ワイヤーで矯正している方に、なぜインビザラインにしなかったのか聞きますと、

前からワイヤーで長くやってきて、もうすぐ終了になるので継続したんだそうです。

もっと前からインビザラインがあったらなーっとおっしゃってました。

また、現在インビザラインで治療中の方は、

実際に装着してニコッと笑ってみせてくれましたが、透明なマウスピースは一目ではつけていないように見えました。

これなら接客の仕事でもつけていられると思いました。

目立たない、ということ、

取り外しができる、ということは

矯正をやってみようかという気持ちの後押しをしたように思います。

つづく